【透析】ブラッドバンを貰ってきました

どうでも良い事ですが、維持透析を受けていると、どうしても必要になるのがブラッドバンです。改めて商品名を見ると「注射パッド」と言う名前があるようですね(^^;

透析導入時に貰っていたのは、確か名前が「ブラッドバン」で、単純に四角い絆創膏の真ん中に綿がうす~く貼りつけ垂れているようなものだったです。それが、四角い絆創膏だと剥がしにくい事から、台紙側に切れ込みが入って剥がしやすくなって、更に絆創膏のエッジが波型にカットされてより剥がしやすくなってきました。

今のブラッドバンは、絆創膏の色が変わって2代目で、最初は1シートに10枚みっちり貼ってあったのですが、今は細長いシートに5枚、それもシートに切れ目付きになっています。1~2枚ずつ渡したりする時に、切り離しに便利なようにしているんですかね~。

しかも、ブラッドバンの四方の一方が、粘着性のない折り返しになってして、貼ったり剥がしたりする時に便利なようになっています。ブラッドバン(注射パッド)も、微妙に進化しているんですね~。

透析での止血の流れは

1)ボタンで押さえながら透析針を抜く
2)ボタンをテープで止める
3)ボタンの上から止血バンドを巻いて、約30分くらいそのまま(わっしは1時間)
4)止血バンドを外す(長く付けてるとシャントに悪影響があるので)
5)ボタンを外して、ブラッドバンを貼る
6)翌日、ブラッドバンを剥がす

この、5)と6)で、止血が不十分だと、ちゅ~っと血が噴き出します。もうそうなったらテープも貼りつきませんので、脱脂綿を当てて、止血バンドで押さえるしかないですね(^^;
採血をした後で止血が不十分な状態で止血パッドを剥がすと、じわ~っと血が出てくる状態の動脈版だと考えていただければ…。一気に血が出てきますんで、なかなか派手です(゚゜)☆\バキッ

ちなみに、写真の止血バンドは、わっしが透析を導入する事になった時に1400円で買ったものです。8年使っていますが、まだまだ現役ですね~(^^;

画像

"【透析】ブラッドバンを貰ってきました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント