昼飯に蕎麦手繰って晩飯は博多ラーメン,またまた昼は辛味大根せいろ

画像画像
『小諸そばのもりに薬味たち』

日曜日,父が『昼飯に天ざるが食いたいとゆーておろーがっ!』とダダるので,両親を連れて以前は小樽寿司だった駐車場のデカい『小諸そば茶屋』
あ,父は年齢はいっているけれど別にボケてるワケでも何でもなく,ただそのトキに食べたいモノを母に告げたらしい,『蕎麦屋に連れてけー』と相成った

蕎麦の旨いトコロは別にいろいろあるのだけど,天ぷらも食べるとなれば一般の蕎麦屋の『増量デカネタ』よりはいーかなと連れて行った

『天せいろ』を嬉々として喰ってる父はすっかり置いておいて,すでに昼飯に『いかめし』を2個ばかし喰ってたしお爺,単なる『もり』(380円)(^-^;ヤスッ

薬味は立ち食いの小諸蕎麦同様に使いほーだいなので,ネギどっさりのわさび多目でズズっと一気に2分で食べ終わる
量を食べたいヒトには『2枚盛り』以上もあるので3枚,4枚好きなだけ食べるのだ
しお爺,1枚しか喰わんのでつゆがどんだけ頂けるものかはよーシラン(.。)☆\バキッ

『薬味』は左から,ネギ,わさび,小梅,漬物だけど,蕎麦の薬味に使うのはまー左の2種かな(^-^;

画像画像
『どっぷり温泉のあとは博多らーめん』

夜は大宮駅前の『天然温泉,さくらの湯』にどっぷりのしお爺
と言っても,大宮駅前に天然温泉が湧き出すワケもなく,那須塩原温泉郷から源泉を汲んできて循環させてるトコロ…,ホントなのかどうかは知らない(.。)☆\バキッ

ともかく,かなりヌルヌルする温泉にどっぷりとつかって晩飯は晩酌を兼ねて『伊都屋』の博多ラーメン,好き嫌いはあるけれど博多の屋台風のくさいとんこつラーメンを食べさせる店なのだd( ̄▽ ̄;)

画像からし高菜に紅しょうがに胡麻入れ放題,替え玉百円で好きなだけ食べなさいーで,チャーシュー2枚は旨いんだけどちっと余計かもしれん…

細麺は,博多屋台の『はりがね』では生の麺をバリバリ喰っているみたいなので,『ちょい固め』くらいがしお爺の好みなのだな(^-^;

博多ラーメンのお店なのだけど,とんこつスープを使った『味噌ラーメン豆乳仕立て』もなかなか旨い
ドロドロスープにちっとびっくりだけど,ちょいとクセになる味

焼酎はいろんな種類がおいてあるけれど酒肴はそれほどでもなくて,しかもビール以外は現金売りなので,ともかく小銭が必要なお店なのだ(^-^;
ラーメンの後は焼酎を頂いてぐっすり

画像月曜日の昼飯はもっかい『小諸茶屋』

今回は同じ『もり』でも『小諸辛味大根せいろ』
頼むとまず大根とおろし器がでーん,ごりごり擦っているうちに日曜日と同様の『もり』と薬味が出てくるので,その蕎麦猪口の中にすりおろした辛味大根を入れて辛さを楽しみながらいただくのだ

しお爺にはこの紫芋みたいな大根の辛味は少し足りなかったので,いっぱいすりおろしてしまって,なんだかふつーのおろしそば・油っ気抜き状態になってしまった(^-^;

『辛味大根せいろ』には天カスと鰹節を薬味にちょいと加えてくれるとイイかもしれないなーと思ったしお爺であったのだ

ちゃんちゃん

"昼飯に蕎麦手繰って晩飯は博多ラーメン,またまた昼は辛味大根せいろ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント