大江戸温泉物語で生ビールぐびぐび足裏イテイテ

画像画像
『館内は浴衣で盆踊りの雰囲気だな』

『クルマで日帰り入浴でもビール飲みたーい』と土曜日のしお爺,クルマでぴゅっと東京お台場の『大江戸温泉物語』

午前2時以後は深夜割増料金を取られるけれど,以前よく使った深夜の男性専用サウナの如く,とりあえずは朝9時の『江戸処払い』の時間までは館内に居られるのだとのコト(^-^;
画像画像
『越後屋で浴衣を選んで着替えてズンズン』

大江戸温泉物語館内はずっと浴衣を着るらしい…,
しお爺,足の裏の皮がチト薄いのか,靴下を脱いで木の床の上を歩いてると『イテテテ,イテテテ』,こりゃアカンと靴下を履いて出直してもまだダメじゃん(T▽T)
もし次に来るコトがあれば,ANAのスーパーシートで貰えるスリッパを持ってくると密かにココロに誓ったのだった(^-^;

画像朝まで居るんだから,まず『ビール』d(^ー^)

ちょうど入ったトキに生ビールのスタンドをゴロゴロ押して通るワゴンに遭遇,早速ぷっふぁー(^Q^)
このワゴンごろごろのおじょーさん,深夜までずっとウロウロ回っててごくろーさま,ちょいちょいお世話になったデス(^-^;

しお爺,温泉はちょっと期待外れ,少ないナ…
設備の大きさと湧出量からするとこんなモンなのかな?
露天風呂も温泉にして欲しいな…



画像初めて行ったしお爺,以前のコトは知らないけど,今は『大江戸宿 伊勢屋』『男性専用 黒船キャビン』なる宿泊施設があるのだそうナ(^-^;

もっとも伊勢屋は事前の予約が必要とのコト,黒船キャビンは当日予約だけど数に限りがありますヨンヽ(′∀`)ノ

『お休み処』にもあぶれた男性は『広小路』『八百八町』でゴロゴロしてネというコトらしい…(^-^;
女性とお子さんは『深川』なる宴会場が深夜のお休み処に変身するのだそうナ

画像
『処払いのお時間』

朝を迎えていよいよ『江戸処払い』のお時間,清算処で1両ばかり支払って出口関所の木札を受け取って,股旅修行の始まりなのダ(^-^;

ほぼ1日ウロウロ木の床の上を歩いていたしお爺,足裏が痛いのを庇って歩いたせいか膝から下が筋肉痛になっているゾ(v_v;)

クルマに乗り込んで,エンジンをかけようとクラッチ踏んだ瞬間…
左足が攣ったヽ(・_。;)ノどてっ

しお爺,何しに温泉行ったんダ?(^O^;イテーヨ

ちゃんちゃん

"大江戸温泉物語で生ビールぐびぐび足裏イテイテ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント