パーカッション時代

画像これは,しお爺の大学2年の時のテープ

1年生の末に大先輩の面々のバンドに誘われ
パーカッションをやっていた

回りは5年生だの8年生だのでひゃぁ~(^^;
「コンガのしお爺」時代(^^;

練習のし過ぎで掌はあちこち血まめが潰れて固まっって,縫い合わせたアンドロイドみたいな状態だった。

あ,もちろんその頃も髭はあったけど「爺」ではにゃいぞ(.。)☆\バキッ
しお爺もいきなりこの歳になったのではないのだぞい。(^^;アタリマエカ

それにしても27年前か……,四半世紀を越えているわい(v_v;)

この頃のギターのTさん,一番音がイイなと思う
とても繊細さを感じさせる,粘って優しい音がしている
レスポールならではのちゃんとした音って言うのかな…
このヒトのギターの音に誘われたんだよな(^^;
しお爺にギターを諦めさせた音……ってか?(.。)☆\バキッ

Congratulations
いきなり扉を開いて お前が駆けてくる
悲しく燃え上がる瞳は いつものお前と違う
どうして心を閉ざして お前は抱かれてる
小さく震える体に 涙が溢れて落ちる

左の薬指を そっと背中に隠してる
誰にもらったのか 俺には解らないけど

(Congratulations)そう言うことなら
(Congratulations)お前のために
(Congratulations)そう言うことなら
(Congratulations)お前のために

最後の言葉も言わずに お前が駆けていく
悲しい芝居というには あまりに心が寒い

水増しされたような 言葉の遊びしてたのは
少し大人だった お前に甘えていたからさ

(Congratulations)そう言うことなら
(Congratulations)お前のために
(Congratulations)そう言うことなら
(Congratulations)お前のために

(Congratulations)(Congratulations)
(Congratulations)(Congratulations)

(Congratulations)(Congratulations)
(Congratulations)(Congratulations)
詞 H.Kato 曲 S.Toya

この曲は,当時サークルのドラムの課題曲みたいな感じだった
右手でのハットの船漕ぎがとっても辛い曲,ってワカランぞ(.。)☆\バキッ

課題曲みたいなのはもう1曲あったっけ。
6/8拍子の「SPOT LIGHT」
当時,サークルにハチロクが叩けるドラマーって2人しか居なかった。
しお爺も……,モチロン叩けなかった(v_v;)☆\ぱこ

30年近く経っているのに,未だに今のバンドのギターさんは弾いて遊んでいる(^O^;
今ではしお爺もそれに合わせてドラムを叩く。

バレンタイン・ディから完全にふっかぁ~つp(^-^)q
いあ,たまたま2月14日だっただけで,バレンタインとはまったく関係ないけれど。
あ~,重かった気分がすっきりした~(.。)☆\バキッワカラン

"パーカッション時代" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント