【入院】予定外の入院とリスケ

7月末に循環器内科に検査入院して、造影剤を入れてのカテーテル検査の結果、左足の動脈が完全に閉塞しちゃって、補助血管が頑張って血流を確保している状態だったので、退院後の循環器内科受診で、カテーテルによる手術で閉塞を解消することになった。

9月9日に入院を予定していたところ、9月2日になって突然の腹痛・嘔吐・発熱。翌日クリニックに透析に行った時は、40度近い熱で、もうクラクラ。透析の翌日も朝から来なさいってんで、朝から抗生剤を点滴して、そのまま総合病院の内科を受診、点滴をしながらCTやらレントゲンやらの検査をして、最終的には消化器内科に回って、憩室炎ではないかと診断されて4日にそのまま入院(^^;

何とか9日の入院に間に合わせるべく(別の病院なので)、抗生剤の点滴を続けながら安静を保ち、それでも2日に1回の透析。2回目の透析の時にトイレ離脱から戻った後、血圧が50台まで下がってしまってなかなか戻らず、結局透析中止、安静にしていたら血圧は戻ったけれど、今度は8度台の発熱で万事休す。8日の退院は無理っ!ってことになって、9日からの入院もリスケになってしまった。

血圧低下は、どうやら抗生剤による下痢で脱水症状だったことが原因みたい。抗生剤の点滴を中止してからは血圧は安定した。発熱はまったくわけわかめ…。それからは、ひたすら安静を続けて、リハビリ→透析→リハビリを繰り返して、症状も安定したので、本日無事に退院となった。循環器内科のカテーテル治療の方は、9月末に外来を受診して、そこでまた日程を決めることになった。

ま~、それにしてもいろいろあるな~。まさか、突然憩室炎になるとはな~(^^;
ま、盲腸なんかでも、なるときは突然なんだけどね~。

20190908_232730749_iOS.jpg

20190910_053448848_iOS.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント