2017年最後の透析

晦日イブの今日が、年内最後の透析でした。除水量は0.6Kgとすんごい少な目、昨日一昨日の晩飯を食べなかったのが効いたのかも…。2018年の透析は、日月と挟んで新年の2日からです。毎年のことながら、盆暮れ正月無しに透析を行ってくれるクリニックには感謝、ご苦労なことです。

透析導入時には、透析患者の10年生存率なんかも気になっていましたが、気が付いてみたら来年は透析導入して11年目に入ります。導入時にはそのうちに無尿になると言われていましたが、いまだにごく少量ですが尿は出ています。もっとも中身はスカスカで単に余った水分をごく少量出しているだけでしょうけど(^^;

透析導入時にはそれなりに悲観して、あと10年生きられるかな~などと思っていましたが、気が付いてみたらその10年をいつの間にか過ぎていました。10年前の今頃は、クリスマスに客先のマシンのセットアップをして帰ってきた翌日、あまりの具合の悪さに総合病院に行ったら、肺水腫を起こしていて即入院となった病院で過ごしていました。元旦も病院のベッドの上だったです。あの当時の体調の悪さに比べれば、維持透析を2日に1回しなければならない不便さはありますが、今の体調の方が全然快適です。もっとも、年齢なりにあちこち不具合が出ていて、あれやこれやと病院通いは欠かせませんが(^^;

2017年の今年は、昨年末に自宅で転倒して胸椎を圧迫骨折して、骨折した胸椎が上下2つに分離してしまい、常時腰の鈍痛に悩まされることに始まって、4月にコンビニの駐車場で顎から転倒してしまって、救急車で病院に搬送され、上顎・下顎の多発性骨折で1月の入院となってしまいました。口腔外科で4度ばかり手術をしてもらって、いまだに上顎の骨は3枚のチタンプレートで固定されたままとなっています。

骨折入院から退院して、普通にワンコの散歩をする毎日に戻りましたが、腰の鈍痛がいかんともしがたく、少し歩くともう痛くてしょうがない状態になってしまったので、いよいよこれはいかんを胸椎のセメント固定手術を受けることにして、入院したのが夏。手術して2週間くらいの入院で無事に退院しました。年に2回も全身麻酔の手術を受けることになるとは…(^^;

もちろん、口腔外科、整形外科の入院中も透析を受けないといけませんので、2日に1回入院先の総合病院での透析です。口腔外科の時は、午前中に口腔外科の手術を受けて、午後から透析センターで透析なんてなスケジュールもありました。本人はぐったりで、もうどうにでもしてくれいっ!状態でしたが(^^;。

胸椎のセメント固定のおかげで、腰の鈍痛はウソみたいになくなって、年内最後の整形外科で、以降は経過観察となりました。口腔外科の方は、転倒で脱臼してしまった歯を抜いてしまったので、その部分を現在再建中で、年明け早々に再建できる予定です。本当は、インプラントで再建したかったんですが、透析患者はどうしてもカルシウム不足で骨の状態が良くないとの事で、とりあえずは部分的な入れ歯で対応するようです。セメントで固定した胸椎も、それ自体が硬いので、上下の骨が圧迫骨折する可能性があるとの事で、3ヶ月ごとの経過観察になってしまいました。

明日は大晦日、ワンコの散歩も今年最後です。なんちゃって、元旦にはまた散歩に行くんですけどね~(^^;

画像
愛犬きち4歳

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント