【骨折】胸椎骨折、その後

昨年末に圧迫骨折した胸椎は、結局はくっつきませんでした。潰れた骨に空気が入って、パコパコの状態のまま固まってしまったようです。それもこれも、コルセットができるまでに時間がかかった事、コルセットをしていると車の運転が怪しくなるので、ほとんどしないで済ませてしまったことに原因があるようです。やはり骨折には固定が大事だな~と感じます。脊椎の骨折は石膏で固めるってわけにはいきませんので、やはり取り外しの自由なコルセットで普段は固めておくと言うのが、後々有効になるということが判りました。やはり、多少面倒でもコルセットをしていないといけなかったんですね~(^^;

言い訳になりますが、起きてコルセットをはめて、透析に行く前に風呂に入るときに外して、透析でも外して、帰ってきて寝る前に外すってのがあまりにも面倒で、ならばずっとコルセットをしないで安静にしてた方が良いやってなってしまったのが原因です。もう少し、着脱しやすいコルセットだったらな~と思います。まあ、特注の装具でもない限り、透析患者用の装具なんてありませんから、一般的な装具としては致し方ないんだと思います。

通院はしなくても良いとなりましたが、整形外科のドクター曰く、この痛みと折り合いをつけて付き合っていくか、それとも手術をするかの選択となりました。我慢できない痛みではないので、手術しないで済ませる手もありますが、起床時の痛みとそれが収まるまで安静にすることを考えると、一気に解決できる「かもしれない」手術もありかなと考えています。このあたりは、現状をドクターとよく話し合って決めなきゃいけないと考えています。

胸椎の圧迫骨折と関係してかしないでか、最近になって両足首に腫れが出て、「擬痛風」と診断されました。尿酸の痛風とは違って、カルシウムが間接に沈着して発生する関節炎だそうです。おかげで、左足くるぶしがポンポンに腫れて歩くのも大変(^^;
おまけに、愛車はマニュアル車だもんで、クラッチを踏み込むたびに痛いです。愛車もロートルなもんで、床までしっかりクラッチを踏んで切ってやらないと、ギヤが入らなかったりして、オタオタしています(^^;
痛いわ、ギヤが入らんわで、どないせ~っちゅうねん(゚゜)☆\バキッ

擬痛風の方は、これからの経過観察です。とりあえず、むくみだけは取りたいと、透析時にドライウェイトから-300、-500と水を引いて、むくみを解消しようとしています。ポンポンになっているのが、腫れなのかむくみなのかがはっきりしないのですね~。足の裏の土踏まずまで痛いんで、むくみだけでは無いとおもうんですが…。

いすれにしても、背骨の圧迫骨折に関しては、多少不自由でもちゃ~んとコルセットをしていないと、変にくっついて長引くんだよ~と言うことが判りました。長い目で見ないといけませんね(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント