【白内障手術】その後

左目白内障手術(眼内レンズ装着)から1月ちょっと経過して、術後点眼用の目薬も1種類だけとなりました。経過は良好なようで、次回の眼科診察で目薬も従来の緑内障用の2種類だけになるでしょう。
手術直後は、術後点眼用3種類に、緑内障用2種類と、左目だけ5種類も点眼しないといけなかったので、外出もままならないような状態でした(^^;
今は、左目用に「プロナック点眼液0.1%」と両目に「コソプト」と「タプロス0.0015%」の3本を点眼しています。

左目手術後退院してすぐに作ってもらった遠近両用は1週間くらいで出来上がって、しばらくはそれをしていましたが、老眼用の視野が狭くて、PCに向かう時は首の上げ下げが激しいもんで、PCでお仕事をする時は100均で買ってきた老眼用の眼鏡に掛け替えてやっていました。しかし、それでは不便なので、今まで使っていてフレームのレンズを入れ替えて、新しくメガネを作ってもらう事にしました。
このメガネは、いままで遠近両用で、近視が強いガラスレンズを入れていたのですが、7月の右目手術直後に右目レンズを抜いて素通しに変えてもらい、新しく右目に合わせて眼鏡を作るまで使っていたのものです。
10月に入院前に、新しく作った眼鏡の左目レンズを抜いてもらって素通しにして、右目素通しにした眼鏡をかけて入院、手術後退院時には、7月に新しく作った眼鏡の左目素通し状態のものをかけて退院となったわけです。
結局、最初から欠けていた眼鏡が1つ、7月の入院で作ったものが1つ、10月の入院で作ったものが1つで、3つの眼鏡が手元に残ったわけですね(^^;

普段かけているのは、PCを使う事が多いわっしの場合、最初から使っていたフレームのレンズを老眼用の視野の広いタイプに入れ替えてもらったものです。7月入院後に新しく作った眼鏡は、保証期間との事なので、レンズを入れ替えてもらって車に常備しています。10月入院後に作った眼鏡は、うちに置きっぱなしで、何かの時に使うかな?と言う感じです(^O~;

今は、車の運転などはメガネ無しでも大丈夫…、と言うか、無い方が運転し易いくらいなんですが、いかんせん車のナビの文字が読めなければ、ブースト計の字もよく見えません(^^;。
速度や回転数は数字は読めなくても解るのですが、オドやトリップの文字どなると裸眼ではさっぱりです。車載テレビも画は解るんですが、文字はさっぱり読めません。って事で、運転にもやっぱりメガネは必要なようで…。

あ、もちろん裸眼ではiPhoneの文字なんぞ読めませんので、当然こちらもメガネが必要です。子供のころから親しんだ近眼メガネにはおさらばできたんですが、あっちを立てればこっちが立たずで、やっぱりメガネからは離れられないのですね。

あと、今だからなのかもしれませんが、夜間に光源があちこちあるような状態だと、眼内レンズの端なのかが目の中でキラキラしてしまいます。入ってくる光線の角度の関係なんですかね~。まるで、ひびの入った眼鏡をかけているような感じです。眼鏡やコンタクトであれば外せばキラキラは無くなるんでしょうが、眼内レンズではそう言うわけにはいきませんものね~(^^;

画像


メガネは、下が現在着用中のもの。上が10月退院直後に作ったものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント