【白内障】手術は無事に終わりました

先週、左目の白内障手術で2泊3日の入院をしまして、無事に左目の白内障手術(眼内レンズ装着)が終了しました。右目の手術をした後は、見えるには見えるんですが、いかんせん緑内障の影響で視野が半分も無いので、その欠損部分を視力0.01の左目が補う形で、なんともまだらピンボケ状態でしたが、今回は視野が残っている方の左目を手術したので、あれま不思議、眼鏡無しでふつーに何でもできるじゃありませんか(^^;

両目に視野がある方であれば、別に入院しなくて日帰り手術も可能なのですが、わっしの場合は右目の視野がかな~り怪しいので、入院して手術、翌日に眼帯が取れてから退院を選びました。透析の日程もありますので、手術前日に入院して透析、翌日手術で、3日目に透析してから退院・自宅で静養と言う感じです。右目の時は、クリニックで透析してから入院、退院してからクリニックで透析としましたが、移動もしんどいので、今回は透析・手術・透析を1箇所で済ませることにしました。手術する病院までは自分で車を運転して行きましたが、おかげで楽ちんだったです。

透析自体は、自分が透析を導入した病院だったこともあって、何だか古巣に帰ったみたいで不安はありませんでした。病院のしきたりに従って、わっしなりのルーティーンで淡々と透析してもらいました。透析を導入した病院ではありますが、病院そのものが移転したために「血液浄化センター」と名前が変わっていて、設備もずいぶんと新しくなっていました。まあ、7年も経っていれば設備が一新されているのはあたりまえか…

さて、問題の手術後の左目ですが、現在はまだ経過を見ているところです。もちろん眼帯は取れていて、普通に見えています。退院前に測った視力は1.2で、眼鏡で矯正していた時の視力が裸眼で見えるようになりました。手術後3ヶ月の右目は、安定していますが何分にも視野が狭いので、視力は0.7程度みたいです。まあ、これも手術前に眼鏡で矯正していた本来の視力って事なんでしょう。

手術後、眼帯が取れて困ったのは、近くが見えない(^^;
病室でiPhoneを使おうにも、文字がぼけぼけでまるで読めません。家内との連絡もLINEでやっていたのですが、まるで字が読めないんで、談話室に行って電話する始末…。入院する前に、右目手術の後で作った遠近両用の眼鏡の左目レンズを抜いてもらったものを持参して、手術後はそれをしていたのですが、いかんせん右目だけだと視野が無いので文字までは読めなかったのですね~(^^;

眼科のドクターいわく、1ヶ月は視力が安定しないので眼鏡は作らない方が良いとのこと。がしかし、1ヶ月も仕事しないでってわけにもいかないので、退院後にすぐに眼鏡屋に行って一番安い遠近両用の眼鏡をお願いしました。近視の部分は素通しで、下半分に老眼が入っているタイプです。その眼鏡ができるまでに繋ぎに、100円ショップで老眼鏡を買ってきました。老眼鏡も度数があって、0.5~2.5まで100円ショップで売っているのですね。わっしの場合、暫定的に2.0みたいなので、新しい遠近両用も2.0でお願いして、老眼鏡も2.0を買ってきました。

しか~しここでまた問題が(^^;
確かに1m以内だと老眼鏡をかけた方がピンボケはなくなりますが、2.0の老眼鏡をかけたままだと怖くて階段が降りられないです。この度数の老眼鏡だと、足元すらピンボケになってしまうみたいです。車の運転は眼鏡なしでできますが、ナビを見たりメーターを読んだりするには老眼鏡が必要…ってなややこしい状況に陥っています(^^;

しばらくすれば落ち着いて、見えるようになるのかもしれませんが、遠近両用ができるまでは100円ショップの老眼鏡をかけたり外したりでしのぐしかなさそうです(^^;

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント