【白内障】手術後1ヶ月、そして…

3日間入院して、右目の白内障手術(水晶体再建手術)を受けてから1ヶ月、しばらくは右目がガラスレンズの眼鏡でしのいでいましたが、どうにも遠近感が無く、遠くはそこそこ普通に見えるんですが、、近くになるとどうやら右目が老眼でぼけぼけらしく、とっても違和感のある見え方をするもんで、どうにも我慢できずにスペア眼鏡にするつもりで新しく眼鏡を作りました。

右目は近視の度が殆ど入っていなくて、老眼用の度が入っている遠近両用です。左目は今までとまったく同じ度数で、遠近両用のレンズを入れてもらいました。どうせスペア用なんで、なるべく安上がりにと作ったら、左と右でレンズの厚みが違う事…(^^;

それで、近くは見えるようにはなったんですが、一向に遠近感の無さは解消せず…、と言うより酷くなってしましました。

手術後、1月くらいしてから、眼科で「眼鏡処方」ってのがありまして、どうも視力が安定した頃を見計らって、眼鏡の度数を処方してもらえるようです。あ、健康保険の対象だとは思うんですが、わっしは透析患者で要介護の障害者で、手帳を持っていて公費補助を受けていますので、3割負担だったとしても公費負担となります。ですから、この「眼鏡処方」が保険点数いくらなのかってのは解りません。あ、診療明細を見れば解るのか(゚゜)☆\バキッ

眼科の看護師さんと1時間くらいすったもんだして、結局新しく作った眼鏡よりも、右目だけガラスに入れ替えた状態の眼鏡が現状では一番まともに見えると言う事になって、新しく作った眼鏡は文字通りスペアとなりました。

やっぱり、これだけ左右でバランスが違うと、眼鏡で矯正するのには無理があるのかな~…。

2週間後にドクターの診察がありますが、そこで左目をどうするかを話し合わないといけないようです。左目の白内障は、まだ手術するほどではないんですが、眼内レンズを入れる程の近視となるとこれまた話は違うようですね。左目の時は、透析に通うにも車の運転に不安があるんで、1週間くらいは入院して入院透析を受けながらって事になるのかもしれません。

手術そのものは日帰り手術なんですが、維持透析患者はこんな時に面倒です(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント