【入院】突然の高熱で入院してしまいました

ず~っと更新していませんでしたが、まあ、変化が無かったって事で(゚゜)☆\バキッ

それが、8月の終わりギリギリになっての日曜日の朝、起きてみたら何だか寒気が…。
今までの経験から、こゆ時ってだいたい発熱してるんですよね~。
で、計ってみたら37.6度、大した事ないじゃん。でも悪寒がするしな…。
ってんで、日曜日は1日寝てる事にした訳です。

ところが、午後になるにつれてどんどん熱が高くなって、午後には39度超え。
土曜日に透析を受けたばっかりで、日曜日はクリニックは休みだしどーしましょ(^^;
クリニックの院長に電話したら、取りあえず解熱剤を飲んで、月曜日にクリニックに来いとの事。
解熱剤を買ってきて飲んだら、夜には37度台まで下がったんで、その日はそのまま就寝。

月曜日の朝は35度まで体温は下がっていたのに、クリニックに行く頃にはすでに37度超え…
クリニックに行ったら、レントゲンだけ撮って、本来は透析日ではないけど、透析しましょって事になって、透析ついでに抗生剤を注入したのですが…
透析終わり頃になると、熱も39度に近くなって、何だかもうふ~らふら(^^;
その日は何とか注意深く車を運転して帰りましたが、帰ってからも40度の熱でダウン。

火曜日もクリニックに来いと言われていたので、朝から熱を押して行くと、「今日は除水します」ってんで、ドライウェイトから一気に3キロの除水。ドクター曰く「引けましたね~」って、そりゃないべ(^^;
まあ、おかげで足のむくみは綺麗さっぱり無くなりました。やっぱり水が溜まっていたのね~。
それに続いて、今度は500ccの点滴。どうせなら透析回路に入れてくれれば10分くらいで入るのに、除水(ECUM)が終わってから、新たに刺し直しての点滴だからおそ~い。朝からクリニックに行って」、気が付けばもう夕方…。

で、「心筋梗塞の方は制御できたけど、発熱が全然制御できてない。入院したら?」ってんで、近所の大きな総合病院の総合診療科に紹介状を書いてもらって、翌日入院する事になってしまいました(^^;

水曜日になって、近所の総合病院に入院。朝からあれやこれや検査して、午前中の最期が造影剤を使ったCT検査だったので、午後からまた透析…。お~い、毎日ぐさぐさ刺されてる左腕の身にもなってくれいっ!。痛いわいっ!

木曜日は、そのまま寝てれば良いのかと思ったら、今度は定期の維持透析だってんで、また午後からぐさぐさ…。ええ、もう諦めました。好きにしてください(゚゜)☆\バキッ
まあ、火曜日の透析が飛んでいるんでね。それにしても、水曜日の透析は、造影剤を抜くためだけだったんかいな…。

木曜日に透析から帰ると、今度は右手に点滴回路をプスっと刺されて、24時間心電図と酸素計を付けられてまるで重病人のようだわ…。まあ、熱が39度台なんでそれなりにフラフラなんですけど(^^;

で、このまま15日入院となってしまいました。
原因は肺炎だったようで、ある意味、それ以外に何も無かったのが幸いだったのかな…

クリニックのドクターは心臓弁に細菌が付着しての炎症みたいなものを警戒していたようですが、それは無かったようです。
ただ、ドライが3キロ一気に落とされたので、どうにもこうにも体調が戻らないってのが悩みの種…
うちで仕事をする分には、支障はないんですが、外に出るのはどうもね~(^^;

今回は、仕事の関係もあって、入院中は個室にしてもらったので、入っていた医療保険で何とかトントン…。
1つしか入ってなかったら、大赤字になるところでした。継続しておいて良かったわ~(^^;☆\ぱこ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント