【透析】最近、A側がどこに刺しても痛くって…

久しぶりに書きこみます。某SNSなどでは、去年から飼っているワンコ(「きち」と言います)の話題なんぞを書きなぐっておりますが…(^^;

久しぶりの透析話題です。3年ほど前に、親指付け根のシャントが閉塞して、新たに手首にシャントを作った訳ですが、それから3年ほどは、どこに刺しても何事も無く過ごしておったです。

ところがある日、いつも通りにA側を穿刺してもらった時に、神経に触る痛みが…。

どうやら、とある1か所を管が通ると神経に触って痛いようで、刺す時も痛ければ、当然抜く時も痛いのでした(^^;
そこで、通ると痛い部分を避けて、ちょっと手首側にずらして刺してもらえば問題なかったのですが、今度はその手首側にも何やら神経に触る部分が出てきて、管が通ると痛くなってしまいました。

まあ、この痛さは針が皮膚を通る痛さと違って、直接神経に触るんで、刺した後もず~~~っと痛いワケで、もう何とも言えません。そのまま4時間程は神経への刺激を耐えて透析をするか、あるいは一旦針を抜いてもらって刺し直すかですが、刺し直してもまた同じ事になるかもしれないので、結局は我慢です(^^;
皮膚麻酔をしてない部分に刺されるのも嫌ですしね~。

V側は肘の付け根あたりであれば、どこに刺してもらっても痛くは無いんですが、A側だけが、何だか神経過敏になっているようです。

i今までの穿刺す部位は痛い可能性があるので、だんだんと上の方に刺してもらうようになってきました。V側が肘を超えて腕の部分になってくるのも時間の問題だな~(^^;

ところで、ワンコを飼って構ってやっていますが、左手で構ってじゃれてシャントに噛みつかれると、恐らくは出血多量で救急車ですよね~。気を付けなきゃ…。

画像


あ、インプラントの2本目も無事定着して、今月末に1本目と併せて歯が生える事になりましたのです。載せる歯は奥歯なので、セラミックはやめて、ちょっとだけ安いハイブリッド・セラミックにしておきました(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント