【透析】トイレ

今日は画像は無しっ!(゚゜)☆\バキッ

たまたま、今日の透析中にトイレに行きたくなったので、そのコトについてつらつらと…。

今まで透析中にトイレに行きたくなった事は何度かあったけれど、そのほとんどは透析終了まで我慢してきた。一度だけひどく腹下しをしてて、どうにも我慢が出来なくなった時に行った事があったな…。

今日はそこまではえまーじぇんしー状態ではなかったけれど、寒かったしなんとなく行きたくなって、こりゃやばいっ!となるまえにナースコールをして「トイレに行きたいのですっ!」(^^;

さあ、HD透析中のトイレはそこからが大変、行きたくなったからと言って勝手に透析監視装置をずりずり引きずって行けるワケもなく、「離脱」ってーのをやらないといけません。要するにシャント血管に透析用の針をぶっ刺して血液を体外循環させているわけなので、この血液回路から体を切り離す…、ってコトです。
当然トイレから戻ってきたらまた透析を再開するので、シャント血管に針は残した状態で離れます。離脱する時に、一度返血してからやる場合と、「こりゃヤバいな」と思われたら返血なしで回路を外す場合があるようです。

かなり前の1度目の時はずーっと我慢しててえまーじぇんしー極地状態だったんで、返血なんぞしないでそのまま離脱したかったんですが、その時は生食注入で返血が始まってしまったので、「もーだめ~」と言ったら返血を途中でやめての離脱となりました。が、今回は別に腹下しをしてるわけでもなく、少し余裕を持ってナースコールをしたんで、返血してからの離脱でも良かったんですが、そのまますっぱり回路を外しての離脱となりました。

とは言っても、カテーテルがシャント血管にテープでびたびた止めになっているのでそれを剥がして、透析針をクランプしてから離脱キットで蓋をして、カテーテルもA/V直結して凝固しないようにゆた~り循環させて、バイタルも測ってといろいろあるのです(^^;

それに、回路から離れても「一応念のためですから」と車椅子に乗せられてしまいます。血圧低下とかいろいろあるんでしょうかね~。わっしは全然平気なのですが…
あと、トイレの前と後で体重を計りますが、マジにエマージェンシーだとトイレ前にそんなのやってられませんっ!(゚゜)☆\バキッ
今日は余裕だったので、ゆっくり体重を計って、0.3リッターくらい除水が進んでいた事を確認してからトイレへ(^^;

トイレの痕も体重測定をして、この時点ですでにドライ・ウェイトになってしまっておりました。帰りは車椅子無しで歩いて戻って、そのまま回路再接続。A/Vの回路を両方一度にクランプして、シャント血管に刺さったままの針の蓋を取って接続する訳です。どちらからも血がちょろちょろ出ます(^^;

わっしは透析中のトイレは2度目ですが、なるべく行かないで済むようにはしています。多分透析を受けている人は同じだと思います。また、何かとおおごとになるんで、どうしてもってところまで我慢してしまう人が多いのではないのかな…。
このあたり、透析患者のちょっとしたストレスになっていたりします(^^;

なんのこっちゃ(゚゜)☆\バキッ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント