【F1透析】行ってきました、F1マレーシアGP-その3

翌日曜日、決勝は16時スタートですが、ホテルのロビーでの集合は12時。朝食は10時半までだったので、ギリギリまで寝て10時頃に食事をしてロビーに行くと、道が混んでてバスが少し遅れるとのコト。それならばと前の晩にも飲んだ「ハッピーマグ」なるビールを景気づけにラウンジで飲みながら待ってました。ハッピーマグの中身はCarlsbergだったですが、このビールはあちこちで見かけました。サーキットでは「タイガービール」なる缶ビールが売られていましたが、タイガーってくらいなので、マレーシア産なのかもしれません。このホテルの「ハッピーマグ」はRM12.00++、税・サービス料込みでRM13.80だったです。(++は税、サービス料が別にかかりますよ~の意味だそうです)

画像ちょっと遅れてきたバスに乗り込む人たちは昨日よりはちょっと多目。F1観戦は決勝だけで、予選の時は市内観光をしていた人達も合流した様子でした。サーキットに向かう道も昨日とはうって変わってかなりの車の量で、聞けばタイやシンガポールからも大勢人が集まってくるのだそうです。Sepangサーキットのバス駐車場も予選の時はがら~んとしてたのに、決勝となるとほぼ満杯状態でびっくり(^^;
「今日の集合はスタンドの観戦エリアではなくてバスに直接戻ってきてくださ~い」との事だったので、何分同じバスがごろんごろんいらっさるもので探し出すのも大変なので、バスのナンバーを写真に撮っておいてから、予選を見たK1スタンドではなく直接モールエリアのCitrineにでかけました。結果的には駐車場に戻った時に青いアロハの現地ガイドの周さんが目立っていたので探す必要もなかったのですが(^^;

前日の予選の日にはPETRONASのマレーシアGPオフィシャル・キャップ(RM60.00)を買いましたが、どうも空港で両替したお金が余りそうなので、決勝当日は2012マレーシアGPと入ったポロシャツも買うことにして売店に行ってみると、昨日とはうって変わってすんごい人人人…。かな~り気押されながらもカタログを奪い取って「これちょんだい」と身振りで伝えて、何とかポロシャツ(RM100.00)を手に入れる事ができました。日本円にするとキャップが1800円、ポロシャツが3000円といったところです。(鈴鹿に比べると随分安い…)
2回買ったので、おまけに貰えるPETRONASの小型扇風機も2個になってしまいました。この扇風機、予選が終わって帰る頃には、PETRONASおねーさんがタダで配っていたシロモノです(^^;

画像予選の最初をちょっとだけ見て、その音にやられて早々に引き揚げたCitrineスタンドに座って、モールエリアで昨日同様タッパーみたいな容器に入って売られていたホカッチャ(サンドイッチみたいなモノ)を食べていると、だんだん雲行きが怪しくなってきて、こりゃスコールが来るな~と(^^;

それはさておき、昨日の音には耐えきれないと思っていたんで、ホカッチャを食べ終わってから耳栓を探しがてらモールエリアの探索にお出かけ。Sepangサーキットは2本のストレートが「>」な形になっています。その広い口の方がゲートで反対側が最終コーナー、その2本のストレートに挟まれている部分がモールエリアです。Citrineスタンドはメインストレートの反対側のストレートにありました。

画像画像画像

画像モールエリアをウロウロしていたら、ビニール袋一杯に入れた耳栓を売っている店を発見したので、すかさず購入。(RM5.00=150円)
実際に使ってみると無いよりはマシ程度のものでしたが、それでもず~っと耳を塞いでいるよりは両手の自由が効くので重宝しました。それだけF1カーの音は凄いってコトで(^^;
1昨年鈴鹿にフォーミュラニッポンを見に行きましたが、排気量的にはFポンの方が倍くらいあるのに音はF1の甲高い音の方が直接的に耳に来ます。このテの耳栓をしていても、多少圧迫感を和らげる程度で、ボリューム的には殆ど耳栓の効果はありませんでした。もっとも回転数が違いますからね~(^^;
ここで長い時間F1音にさらされた耳、特に左耳は、翌日日本に戻ってからもまだちょっとの間は元に戻りませんでした。

決勝オープニングラップ(120,329KB)(全車通過した後にすんげ~ゆっくりやってくるSafety Carが印象的です。これでも200Km/hくらいで走っているんですが…)

画像いよいよ決勝が始まろうかと言う時になってついに雨が降ってきて、国家斉唱あたりではざーざー程度だったのがスタートしてちょっとすると雷を伴った豪雨に…。興味のある方はご存知と思いますが、レースは8週目で赤旗中断。それから1時間近く待ってからSC(Safety Car)スタートで再開されました。雷もビカビカで、なんとも不穏な空気だったです。

SCライトが消えた周(111,774KB)(SCから間を開けて通過するんで相当にうるさい)

あとは、興味のある方はご存知の通りです。レースが再開してちょっとしてからはフェラーリのアロンソがトップ、ザウバーのペレスが2番手の周回がす~っと続いて、終盤まではかなり差があったのですがレース終盤でグッと差が詰まってきて、これはいけるっ!と思った時にペレスがコースアウトしてThe End…。ザウバー・チームが頭を抱えて、わっしも頭を抱えました(v_v;)
もっとも、レースが1時間中断した関係でバスの集合時間に間に合わなくなるといけないんで、残り3周くらいでサーキットを後にして、手持ちのiPhoneで確認した結果に過ぎませんでしたが…。ペレスのコースアウトとほぼ同じ周回あたりで、小林可夢偉もブレーキ・トラブルでOUTになってしまったようでした。しょんぼり…

レースが遅延したので、集合に遅れる人が多発するのかな~と思っていたら、そこは律儀な日本人(゚゜)☆\バキッ、ちゃーんと皆さん時間にはバスに戻っておいでで、バスは殆ど遅延なくホテルにむかって出発。サーキット渋滞の中ホテルに帰りついたのは21時頃。それから外に夕食を食べに出る元気も無く、ホテルで夕食を済ませて、ホテルの前のコンビニで買っておいたウィスキーを部屋でちびちび飲んでました。これが結構旨くて、気が付いたら全部飲みきってしまっておりました。

翌日はただ帰るだけ(゚゜)☆\バキッ

ホテルのロビーに朝7時半に集合して、そのままKLIAへ。成田では日本人スタッフが居たので、メディカル・アテンションも日本語で説明できたんで問題は無かったですが、ここはマレーシア、当然現地職員の人しかいません(^^;
クリニックのドクターには英文で診断書を書いてもらってましたが、何とか説明をしなきゃならんので、「まいきどに~とらぶる、ぶらっど・だいありしす、のーおきしじぇん、のーすとれっちゃー、のーけあ、さんきゅー」ヽ('∀`)ノ
あれっ?、注射器って何て言うんだっけ?(゚゜)☆\バキッ
ともかく、手持ちの薬を全部見せて、注射器も持ってないし今のところは何のケアも要らないんで大丈夫ですよ~んってコトを伝えて何とかチェックインできたのでありました。

後は、KLIAの免税店でお土産を買うのみ。到着した時に両替した2万円で使ったのはサーキットとホテルの前のコンビニくらいだったのでほとんどは手つかず状態でしたので、クリニックや同僚へのお土産をあれこれ買っていたら、結局は足りなくなって日本円で5千円ほど足す羽目になりました(^^;
結局買い物はお土産が一番高かったようです。

なお、KLIAではフリーのWi-Fiが使えるので、日本のスマートホンを持っていると勝手にWi-Fi接続になってくれます。(ブラウザで一度だけ認証OKを入れてあげました)

6時間半のフライトで成田に到着して、荷物を受け取って外に出た時によろけたのは疲れのせいでしょう。普段、車での移動が多くて殆ど歩きませんので、そのせいもあったのかもしれませんが、透析がまるまる中3日空いていることもあって体の中にはいろんなモンが溜まっていたんでしょう(^^;
翌日は朝から透析を受ける事になっていて、それまでもつかいな~と思っていましたが、なんてことは無く自分で車を運転してちゃんと透析に行きました。血液検査の結果ではカリウムは降下剤を飲んでいたので思っていたほどではなく、リンに関しては案の定と言うか、高値になっておったです。一応現地での喰い物はセーブしたんですけどね~(^^;
体重は中2日の時とさほど変わらない程度の増加で、これならいつもの透析時間で引き切れるなと思ったら、ドクターが「今日は念のため延長してってくれ」とへ(・_。;)ノどてっ
で、いつもより1時間ばかり多目に透析して帰ってきたのでありました。

透析を受けるようになっての初めての海外、中3日空きも何となく無事に済んでホッとしているところです。行く前の3日連続透析のおかげで、左腕(シャント腕)はテープの痕で酷い事になっておりますが…(^^;

久しぶりに日本語の通じない海外にちょっと味をしめてしまったので、せっかく10年パスポートも取った事だし、来年のF1マレーシアにも行けたらな~などと考えている今日この頃です(゚゜)☆\バキッ

ちゃんちゃん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント