【透析】途中で離脱

特に最近は出来事も無いので先週のコト、維持透析を導入してから3年半ほどになって、初めて透析途中の回路離脱を体験。透析導入の直前の頃はそりゃまあ酷いもんで、うちから一歩外に出るには決死のトイレ覚悟で出ていったモノだけど、透析導入してからは不思議と長い透析時間中に1度もトイレに行くことが無かった。多少行きたくなった事もあったけど(^^;

最近、治験薬の影響なのか、それとも何らかの体調の変化の兆しなのか、とみに調子が悪い。おまけに歯の具合まで悪くなって、どーにも食欲も無く中2日の透析でも体重増加が1キロあるかないか…。中1日だとせいぜい200gとトイレ1回分くらいしか増えない状態。透析監視装置は除水速度0.3リッター/h未満だと誤差が大きいのだそうで、透析開始から1時間ほどで除水完了の通知メロディが流れてしまうような状態。

先週の木曜日は朝からおなかの具合が悪かったけど、透析センターに行く頃には何となく普通ぽかったので、いつもどおりに透析開始。開始から2時間くらいして唐突にトイレに行きたくなって、いつも使わないからナースコール・ボタンの用意をしてなかったものだから、「すいませ~ん、トイレ」(^^;
透析ベッドの位置がナース詰所の隣なので、手を上げてほんわか言えば通じた。

すぐにナースが来てくれて、途中離脱。途中で回路を離れる場合は、離れてる時に透析針の中で血が固まらないように少し生食を流して脱血、返血側両方に生食を充填して、わっしの場合は透析針がクランプキャスなので、クランプした上で回路を外してキャップを嵌めて血をストップ。そのままテープ止めしてトイレにGO(゚゜)☆\バキッ
と思ったら、補助の人が車いす持ってきて「乗ってください」…、って、歩いて行けるけど(^^;
それでも乗ってくれってんで、車いすでトイレに向かったら、トイレの前に体重測定、う~ん、なるほど。
そいでもって、トイレの後も体重測定。これでこの後の除水量を決めるのね~。
この時は、トイレ前がドライウェイト+300gで、トイレ後が丁度ドライウェイトだったので、以後は除水無しで時間までHDって事になったのだけど…

トイレから戻る時も「車いすに乗ってください」ってんで、歩いて行けるのに無理やり乗せられて透析ベッドに連れ戻されて、またまた回路を繋いで透析再開。この日はどーもおかしくて、しばらくは我慢してたけどやっぱりトイレに行きたくなって、戻った時に持たされたナースコールをポチっとな(^^;
すぐにナースが飛んできて、透析終了まであと30分くらいだったけどこりゃもうダメってんで、脱血側だけ抜針して100ccばかり戻したところで返血側をクランプ&キャップ嵌め。返血側だけテープ止めしてまたまた車いすでトイレにGO
2回目はなかなか出て来られなくて、何だか心配されていたらしい…
わっしにとってみれば、透析導入直前の時に比べればこの程度はなんてこと無いんだけど、一般的には「大丈夫かいな?」レベルなのかな(^^;

ともあれ、2度目のトイレから戻って透析終了。どうせ終わるだけなんで、この得は車いすは遠慮して歩いてベッドに戻ったですよ。返血側に回路を繋いで、すこーし返血して抜針。タクシーで帰るかと聞かれたけど、車に乗って帰らないと翌日が困るので遠慮させてもらって、自分で運転してすたこらサッサと帰ってきたのでありました。

透析途中で離れる時は回路の脱血側と返血側を繋いでゆ~っくり血液ポンプを回しているのね~。血が固まらないようにするためなのかな…。いずれにしても透析3年目で初めてのコトでありましたのさ(^^;

今週になって、今度は歯がダメになって、痛くてしょうがないので言ったら抗生剤、痛み止め、胃薬を院内処方。おまけに今週来週と2週続けて仕事の関係で火曜日の透析を月曜日に移動。治験は火曜日が開始単位なので、なんだか滅茶苦茶になってきた…。水曜日に法事と視野検査が入ったりして、う~ん…(@_@||)

なんだかいろいろと困ったもんだ(゚゜)☆\バキッ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント