【透析】祝(なのか?)500回

透析日程を一時的に変更しての2回目、木曜日夜を水曜日朝にしての透析。月曜日に書き忘れたので透析中に手元のノートに記入してて気がついた。本日が維持透析500回目d( ̄▽ ̄)
透析は盆も正月もゴールデンウィークも無く1年できっちり156回なので、足掛け3年ちょい。って事はまだ3年しか経ってないのか…。随分長い事透析してるような気もするけど。

500回と言う事は脱血側、返血側で合わせて1000回穿刺があったわけで、その間刺し直したのは記憶とノートの記録にある限りでは2回だけ。さすがと言うべきなのかな。他のクリニックや病院を知らんので、よく解らん…。
この3年間でシャントPTAが1回あって、透析が終わってから脱血側を抜かないでそのまま風船を入れて膨らませたこともあった。麻酔無しのシャントPTAはかな~り痛いので、もうあんましやりたくないなあ…

500回のうちシャント閉塞寸前で1回シャントの動脈部分に刺したのが1回あって、こいつはかな~り痛かった。通常の静脈用の穿刺針を左手親指の付け根に刺して、なかなか血が取れなくてグリグリ位置を直されたので、1週間くらい青タン状態になっておった。

その翌透析では完全にシャントが閉塞して、左手にいつもどおり2本刺してはみたものの全然取れなくて、ドクターによる右腕動脈直接穿刺をやってみたけど、4回ばかりトライしても全然ダメで、結局その日は緊急シャント手術になったってコトもあった。動脈直接穿刺用の針は太くて長いので、こんなもんを何回も刺されちゃかなわんってのが正直なところだった。シャント手術はメスが入るんで、麻酔くらいは打ってくれるだろうから、もうそっちにしてくれ~と言う感じ…(^^;
結局この日は8本ばかり針を刺しても透析ができなくて、そのままクリニックの本院の手術室へGO、本院の院長による緊急シャント手術を受けて、翌日朝から新しいシャントを使って透析だった。左手は手術で痛いわ、右手は動脈直接穿刺の痕で絆創膏だらけの青タンで、この青タンは10日くらいは引かなかったかな…。
そう言えば、クリニックに停めておいたレガシィ君は、さすがに手術して乗って帰るってワケにも行かず、シャント手術の当日はクリニックに停めておいたんだけど、翌日の透析の後で手術後の痛い左手でシフト操作をしながら帰ってきたんだった。こういう時はオートマが良いなあ…。

親指付け根のシャントは今は跡形もなく、手首の新しいシャントは良好で、血流も充分に取れている今日この頃。ただ穿刺してる血管は同じなので、今まで1000回刺されて来たわけで、いつまでもつんだ>My血管(゚゜)☆\バキッ
自前の血管なら自己修復もするけど、人工血管になると修復はしないんだろうから、使い続けてるとそのうちに詰まって、また新しい血管の埋設手術って事になるのかな…。いずれにしてもシャントと血管は透析者の命綱って事が良く分かった(^^;

ま、命綱の温存もあって、土曜日の大学OB会の温泉スーパー銭湯1泊旅行のために火木土を月水金月にずらしているんだけど。近所のスーパー銭湯に1泊しかしないのに、風呂に入れんではまったくなんのこっちゃだもんね~(゚゜)☆\バキッ

なにはともあれ、無事故で500回到達。この先何があるかは解らんにしても、目指せ無事故で1000回(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント