秋休み旅行その2-SLやまぐち号から爆走キハ187系

画像画像
『SLやまぐち号は新幹線の接続を待って発車』

九州方面から移動してきた大雨洪水警報の中
ちょっと遅れた0系こだまから新山口で降りたしお爺
ここで1時間ちょっとの待ち合わせでSLやまぐち号へ乗車

新幹線の中で弁当を買えず朝飯にありつけなかったので
新山口駅で売っている駅弁を買ってやまぐち号の中で食べる事にした
画像画像
SL弁当かしわめしで悩んで,結局しお爺の好きなかしわめしを選択
しお爺,九州を鉄道旅行する時は殆ど買って食べるのが折尾のかしわめし
九州では他でも売っているけど,この東筑軒のかしわめしは別格に旨いっ
としお爺は思っているのだd( ̄▽ ̄)

そんなワケでどうしても折尾のかしわめしと比較してしまうのはしょうがないとして
味はよく似た感じだったけど,旨みがちょいと少ないかな…
全体になんとなくしっとり感が少ないような気がしたけれど
これは作り置きしてあったものだからしょうがないのかも(^^;
値段的にみて,折尾のかしわめしの廉価版ってところか…
それにしてもパッケージから中身の詰め方までよく似てるな~(;^-^A

で,ハナシは今回の旅行の第2目的であるSLやまぐち号に戻る
画像
大雨の影響でやまぐち号の前に出る
快速やまぐちライナーが運転中止となり
すわっ,SLやまぐち号も運転中止かっ
と思ったけれど早々に山口線ホームに入線して
出発待機中だった(^^;

最初は一杯で取れなかった指定も
出発前にちゃんと取っていたので安心してたけど
直前の列車が運転中止になったせいで
全席指定のSLやまぐち号は指定売り切れの大混雑( ̄▽ ̄;)
ボックス席の窓側に座ったしお爺は周りを囲まれて動くに動けず
走行中の車内の写真は結局撮れずじまい…,ザンネン(v_v;)
画像画像画像
1枚目:C57はやっぱり大きいなあ
2枚目:旧型客車風にはしてるけれど,客車は12系改造
3枚目:各車両ごとに明治・大正・昭和風に改造されている
画像画像画像
4枚目:大正風(だったかな?)の車内,ボックス席でテーブル付き
5枚目:客車の両端は展望スペース(もう片方はガラスで囲まれた室内型)
6枚目:津和野駅に到着後機回しのため停車中(この後機関車のみ転車台へ)

汽笛一声,大雨の中新山口駅を出発したSLやまぐち号
画像山口線の緩勾配をゆっくり登っていく
12系車両6両はちょっと重いかな
車内は子供さん一杯で大はしゃぎ(^^;
窓際で動けずにいたらちゃんと車内販売も来て
『ビールちょんだいっ
かしわめしをつまみにぐびぐび(.。)☆\バキッ

SLやまぐち号が運転されてからかなり経つけれど
しお爺,まだ一度も乗ったコトがなかったr(^^;
SLと言えば北海道にありし頃のC62かその後復元されたC11ばっかり
山口まで来なくても,近くにばんえつ物語奧利根
私鉄でパレオ真岡もあるのに,何やってんだろ…

なんてコトはさておいて(.。)☆\バキッ
2時間ちょっとの乗車で終着駅の津和野に着く頃には雨も峠を越えて
小降りになってきた
津和野で後続の『スーパーおき』に乗り換えるまでに
1時間半ほどあるので軽めの昼食を取ることに

途中下車印を貰うまでもなく,有人改札を勝手に抜け出して駅の外にでると
そこはがら~ん( ̄▽ ̄;;)ハテ
見事に何もない…,さすが小京都(
画像駅からちょっと歩いて
やっと開いている喫茶店を発見
そこでやっと茶蕎麦にありついた

なぜ津和野で茶蕎麦なのか…
実は,全然関係無い(.。)☆\バキッ
ともかく軽い昼ご飯にはなったので津和野駅に戻り
翌日のサンライズ出雲の乗変をしてみるとあったd(∩_∩)
シングルDXにはならなかったけど,サンライズツインに乗変成功
これで帰りも同じタイプの部屋で帰るコトになった


画像画像
『ちょいと遅れたスーパーおきは運転中止の危機』

津和野からは2日目の目的地玉造温泉までスーパーおきでまっしぐら
…だったのだが,津和野発の時点ですでに15分の遅れ
雨で遅れた山陽新幹線の接続を待っての発車だったとの事で
その遅れを回復できないままだったらしい…
ハイパワーの制御付き自然振り子気動車のキハ187系とは言っても
振り子を使わない山口線内では列車の行き違い待ちもあって
遅れが取り戻せないどころか拡大してしまうみたい(^^;

写真は津和野駅ですれ違った新山口行きのスーパーおき
下りスーパーおき到着までの間にパシャリと撮影
実際に乗車した車両は牡丹の花ではなく梨の花のキハ187系だった

津和野を20分ほど遅れて出発したスーパーおきはそのままの遅れで
振り子の使える単線ながら軌道改良された山陰本線を爆走…
とは行かず,浜田の手前あたりで車内放送が入り
『豪雨のため江津駅構内で線路に土砂が流入』
『復旧工事をしてるが,この列車は浜田で運転中止』( ̄□ ̄;;)エッ!
先行き不安の嫌な予感は的中しまくりだなあ…

しお爺が長い鉄旅行に出ると
架線は切れるわ,ポイントは故障するわ,台風はくるわ
土砂崩れはあるわ,大雪で列車は埋まるわ
機関車が故障するわ,電源車まで故障するわ
やっぱり色々あるなあ…( ̄▽ ̄;;;)
今回は幸いに復旧工事が間に合って1時間ちょいの遅れで済んだのだが…

しかし玉造温泉の宿では宍道湖夕日クルーズが取ってあって
一度宿に入ってからゆっくり出かける予定だったのが
玉造温泉駅から直行する羽目に陥ってしまったのであった(^^;

(秋休み旅行その3に続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちゃむちゃむ
2008年10月02日 23:35
SLは窓が開きますか....
開かない窓の電車が多いので、気になりました。
ワタクシのとお~い記憶で電車の窓から駅弁を買ってもらったというのがあるような~ないような~
しお爺
2008年10月03日 19:19
>ちゃむ様
なんだかこのブログ記事に金の宝箱マークが付いてたようです。応募しましたか?

最近の列車は近郊や通勤電車に至るまで全て冷暖房完備なので窓が開くのは少ないですネ
SLやまぐち号の客車は12系と言って昔の急行用客車だったので,元は『臼』型の窓でちゃんと開いたですよ。SLやまぐち号の窓は旧型客車風に改造されていて,ちゃんと全開にできる木枠で真鍮製の窓止めのついた小型窓に付け替えられていたです。
どこから持ってきたんだか…