4連休で温泉めぐり,手始めは奥飛騨の新穂高温泉にざぶーん

画像
『天気予報は良く外れ』

24日を休みにしての強引な4連休,何度も近くを通過していながら行ったことの無かった『奥飛騨温泉』,それもいっちゃん高いトコにある『新穂高温泉』に行ってみるゾとフラーっとお出かけしてみるコトに

予報だと天気はあまりよくなかったけれど,良い方に外れてくれたみたい
上信越道の東部湯の丸SA付近は,まだ紅葉がいっぱい

画像画像
『長野道姨捨SAの生そば』

更埴ジャンクションから長野道に入って1つ目のSAが『姨捨SA』

通るたびに寄っては生そばを食べるしお爺,この日もお昼過ぎで時間もヨシと薬味に大葉を刻んだものが入っている『ざる』をずずっと手繰ってちょっと休憩

姨捨SAは『姨捨伝説』の残る姨捨山(冠着山)に中腹にあって,JR篠ノ井線の『姨捨駅』のすぐ上あたりにある
駅は坂の途中なので,ちょっとしたスイッチバック状態に作られているけれど,『ワイドビューしな』の等の優等列車は停車しないのでスイッチバックを使わずにぴゅーっとスルーしてしまう(^-^;

画像画像画像
『姨捨SA展望広場から善光寺平』

左の写真のすぐ下あたりがJR篠ノ井線の『姨捨駅』のあるトコロ

画像年寄り嫌いの偏屈な殿様が年寄りを捨てさせたと言う伝説のある標高1200mくらいの姨捨山(冠着山)
姨捨SAのちょっと松本寄りにあって,しお爺の行ったトキは頂上がうっすらと白く雪化粧…
なのか?(.。)☆\バキッ




画像
画像
『到着した宿の源泉は95度って沸騰してるゾ』

長野道を松本ICで降りて『上高地』方面に国道158号をひた走り,有料のトンネルを避けて『安房峠』越えを狙ったけれど冬季閉鎖中であっさり挫折…_| ̄|○

中型車900円の通行料金を払って安房トンネルを抜け平湯へ,平湯からは平湯温泉,新平湯温泉,福地温泉,栃尾温泉と続く『奥飛騨温泉郷』を抜けて,一番奥の『新穂高温泉』へ到着(∩_∩)

それにしても,このあたりは温泉出まくり足湯ゴロゴロ状態だな…

宿の温泉は『ナトリウム・塩化物泉』で微かに硫黄の臭いがする無色透明なお湯で,硫黄臭バリバリの濁り湯を想像してたしお爺,ちっと違った(^-^;

宿にゴロゴロある風呂に次々ざぶーん,んはー(′∀`)

画像画像画像
『露天奥の湯』
外にある急な階段を上がる屋根無し完全露天
雨や雪のトキに被って入るための『菅笠』まで置いてある(^-^;
翌朝,粉雪の中しっかり菅笠にはお世話になりました
夜,晴れていると星がいっぱい見えるのだそうな…


画像
『露天前の湯』
露天奥の湯に行く途中にある屋根つきの露天
目の前はひたすらで,クマとか出てこないだろうな…(^-^;

露天2つはいずれも宿の外で浴衣に茶羽織でつっかけで歩くのだけど
お湯につかるまでがかなーりさぶっ!(^-^;

宿に戻るトキはホカホカで冷気がかえって気持ち良いくらいなのだな

画像
『内湯大1と2』
5~6人は入れるんでないのかっつーくらいデカい内湯大1と2
でもシャワーはどちらも1個しかなかったりする(^-^;
大1と2の違いは脱衣所の大きさだけだった
1人で入ってると何だか申し訳無い感じだワ


これ以外に『内湯小1と2』もあったりして,もー風呂だらけ(^O^;
風呂をはしごしても全部は無理だった(v_v;)☆\ぱこ

こうやってしお爺の4連休は始まったのだった

ちゃんちゃん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

梅吉にゃんこ。
2006年11月28日 00:17
生ぞば美味しそうっす~~

お宿の温泉素敵だねぇ
なんか隠れ宿っぽい感じ・・・
間違っても「オオアリクイ」は出没しないだろうな(爆)
しお爺
2006年11月28日 09:50
>梅吉にゃ。さん
姨捨の生そばは薬味の紫蘇が効いてていい感じなのだな。量もしお爺にはちょうどいい感じ(^-^;

宿は新穂高温泉の中尾のどん詰まりにある小さいトコロで,飛騨牛のローストビーフと朝飯の朴葉味噌が旨かったー(∩_∩)
しお爺
2006年11月28日 09:51
間違ってもゴールデンオオアリクイは出没しないので安心なのだ(.。)☆\バキッ
芽女
2006年12月01日 22:57
菅笠株って露天風呂かぁ~。

雪見風呂…いいなぁ~
しお爺
2006年12月01日 23:34
>芽女さん
新穂高温泉の中尾,このお宿はオススメなのだな
粉雪の中,菅笠被って奧の湯行ったですヨ(^-^;
写真の源泉は熱湯だから要注意d(^-^;