高千穂鉄道の廃止届提出で池北線を思い出した

画像
『オレンジカードだけど…』

昨年の台風14号で橋梁2箇所流出等の甚大な被害を受けた『高千穂鉄道』,少子化・過疎化の波に加えてのまさに『弱り目に祟り目』状態で年末には廃止の方針が決定してしまったらしい…
5日に廃止と休止の届け出が出されたとのコト…

JR化の時点で廃止の方針が出され,それでも何とか3セクとして残るコトができたケド,台風被害の復旧のための21億円は,これからの収益の伸びも期待できない状況ではさすがにきつかったのかな

それでも,台風被害の少なかった槇峰~高千穂間は民間に譲渡して運行をするべく準備中らしい…



そこで,トートツに思い出したのが,北海道の『池北線』(.。)☆\バキッ

今年の4月に廃止されるまでは,同じく3セクの『北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線』として,池田~北見を運行していた路線のコト
松山千春で有名(?)になった足寄や,冬の寒さ厳しい置戸,陸別などを通っていた路線だった

しお爺,青函トンネル開業以降北海道の殆どの路線を乗ったのだけど,旧池北線と留萌線は経由に入れるのが難しくてなかなか乗ることができなかった(v_v;)

そこで『快速銀河に乗るゾ』と意を決して,そこはあまあま乗りテっちゃんなしお爺のコト,往きは北斗星,帰りはトワイだけ抜いておいてルートを計画…
したのだったと思う(.。)☆\バキッ

池北線直通の快速銀河は13時頃の帯広始発だった覚えがある
帯広まではとかちで行ったのだったかナ…?

13時頃帯広を出発した列車は池田まで根室線を走り,そこで方向転換して池北線に入っていく
しお爺の乗った快速銀河は池田で帯広からの車両を切り離して,池北線用の車両を増結して走った…と思う(^-^;

池北線は山間を縫うように走ったと思えば,ぽっかり開けた場所に出たら町だったりと面白い風景,山間部でいきなり『ぷわぁ~ん,ぷわぁ~ん』と警笛を鳴らすのでなんじゃいナと前を見たらエゾシカが線路の真ん中にドーンと立っていたり…,面白かったナ( ゚ー゚)トオイメ

ふるさと銀河線の車両は16m級のちっこい気動車だったけど,トイレはモチロン飲み物の自販機もあったりして快適だった
自販機にビールが入ってないのは通学でも使われていたからアタリマエか(^-^;

快速銀河は17時頃に北見に到着,そこで石北線の普通列車に乗り換えて網走に行ったコトは覚えているしお爺,キハ40系3両編成のワンマン気動車が記憶に残っているのダ
ワンマンなのに複数両,それも3両は珍しいなーと印象に残ったのネ(^-^;

網走からは,当時まだ走っていた夜行の『オホーツク』で札幌に戻ったのだった


画像画像
『ついでに名寄線と天北線』

廃止路線繋がりで,遠軽~名寄の『名寄本線』と音威子府~南稚内の『天北線』,どちらもしお爺,乗れずじまいだったのダ(T▽T)

友人と2人で道東旅行をしたトキに旧名寄線の跡を辿ったコトがあるだけ…
この時は飛行機でぴゅーっと飛んであとはずっと車だったケド(^-^;


それはともかく,『神話高千穂トロッコ鉄道』の成功を願っているしお爺なのダ
乗り鉄ちゃんとしては,鉄道の廃止は淋しいモノだから…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント