天災で劇遅れシリース - 上りトワイライトの巻

しお爺,夜行列車に乗ると天災を呼ぶシリーズ北斗星に続いて第2弾

『下り日本海カニ死亡』『上り北陸土砂崩れ』『下り富士集中豪雨』…,このシリーズはまだまだ続く……かもしれんゾd( ̄▽ ̄;)☆\ぱこ


画像画像
『上りトワイライトエクスプレスの場合』


それは,しお爺が前の会社に居た頃でもう15年以上は前のコト
関西出身の同僚の結婚式が大阪であって,今はもう佐渡のお寺に隠棲している当時の同僚と2人で披露宴に出席したしお爺

この夫婦の子供がもう『中学生』,何だか隔世の感があるナ(^-^;

実は2人で相談して『大阪での披露宴に出席しながら,翌日千歳空港で新婚旅行途中の新郎新婦を迎えて昼飯を食べるコト』を画策していた

トラベル・ミステリーよろしく愛読書の時刻表と格闘して,披露宴を終了間際に早退した2人,大阪~東京~仙台と新幹線を乗り継いで,先発している北斗星に追いついて乗り込むプランを実行した2人

仙台では乗り換え時間を利用して牛タンを食べるという荒業憑き(^O^;

披露宴が終わって大阪に1泊して,翌朝の飛行機で千歳空港に到着した新郎新婦はそりゃもうびっくり
『な,なんで2人がここに居るんぢゃー』( ̄□ ̄;;

そんなコトはさておき,千歳空港で無事に新郎新婦に昼飯のカニをご馳走
スキーでサホロに向かう2人を南千歳駅で『それじゃーねー』と見送って,しお爺同僚と2人で札幌へ


画像画像
『写真は全然関係無いトキのモノ』

札幌から『上りトワイライト』で大阪に戻る…,当時横浜に住んでいた2人,なんつーおバカなコトをしておるんだーと言う話はこっちゃに置いて(^-^;

2月くらいだったと思う
トワイライトが札幌を出発する頃には雪が降り始めた
画像
多少の雪は憑き物なので,同僚と2人夕食のディナーなんぞを食べてワインもウィスキーもごんごん
かなーり酔っ払って,各々の部屋で寝ていると雪がだんだん凄くなる

青森を過ぎて奥羽線に入ったコロは,降り積もる雪で世界は真っ白
個室の窓もその高さの半分以上が雪の壁(^-^;ヲイヲイ

シングルツインに乗っていた同僚の部屋に行ってみると,窓の外はただ一面の雪壁でどーんと白いダケ,『ヲイ,どこまで積もるんダ,コレ』

酒の酔いも手伝って寝てしまったしお爺,目が醒めたら新津の手前だった
『ありゃ?,明るいナ…,ん?』
当時のダイヤではトワイライトは新津を4:44発,冬のこの時期明るいワケがナイ

『案の定,雪で遅れてるぢゃん』(^-^;

後で解ったコトだけど,昨夜の雪で羽越線内で貨物列車が自力運行不可能に陥った…,つまり雪に埋もれて身動きが取れなくなったらしい
運の悪いコトにそれが『新発田~新津』間,羽越線の単線区間だったのが災いして,上りも下りもぜーんぶ停めてしまった(^-^;

新津側から救援機をラッセルしながら入れて何とか引っ張り出したとのコト

上りトワイライトはさしかかる時間が早朝なので,5時間くらいの遅延ですんだケド,同じ日の下りの日本海は新津に延々12時間停車して,そのまま運行中止になってしまったのだそうナ(^-^;

しお爺,その日は『バンドの飲み会の日』
長岡で降りて新幹線で駆けつければ間に合わないコトもなかったケド,同僚1人残していくのもなーと,そのまま京都まで乗り続けるしお爺

当時,トワイライトは上下ともに『敦賀』駅で機関車の交換をしていた
雪に降り込められて遅れた上りトワイライトが敦賀駅に到着したコロ,下りのトワイライトも敦賀駅に到着,本来なら茨城あたりですれ違うハズが期せずして敦賀で並んでしまった

しお爺達2人,食堂車のクルーと一緒になって下りのトワイライトのクルーとホームを挟んで『雪合戦』,なーにしてるんだか(^O^;


画像画像
『1号車のSA1(ロイヤル)と廊下』

トワイライトが京都に到着したのはもう夕方4時過ぎ,4時間ちょっと遅れた感じかナ…
北斗星のトキみたいに途中で運転中止にならなくて良かったワ(^-^;

山科~京都の乗り越し清算と横浜までの新幹線のきっぷを買って,同僚と2人京都駅で『遅れたねー』と言いながら一休み
結局札幌から26時間ちょっと乗ってたコトになるナ

結局横浜の自宅に戻ったトキは21時を回っておったとサ(^-^;

ちゃんちゃん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月21日 22:14
ホーム越しの雪合戦…

いいなぁ~面白そう。(・p・)
しかし…ノリのいいクルーさん達ですねぇ
(^^;

う~
…夏なのに…思いっきり雪投げたくなったぞぉ

今なら…何時間でも出来るそ(.。)☆\
しお爺
2006年07月21日 22:55
>芽女さん
そのコロ,しお爺は何度もトワイに乗っていたもんで,食堂車のクルーとも顔見知りだったのネ(^-^;

部屋にウェルカムドリンクを持ってきた食堂車のマネージャーに『またアンタかいナ』などと言われていたりして(^-^;
以前はトワイの食堂車のクルーはチームで固定だったので顔なじみになったのだワ
2006年07月21日 23:58
こんばんわ(*^。^*)大変でしたね。26時間も乗っていたら、さすがに疲れますよね。夜行列車に乗った後って、降りてからも、しばらくは、体が宙に浮いたようになってフラフラ私はします。たぶん私の場合は、朝までお酒を飲みまくりしておきながら、一睡もしないせいですかね(笑)それにしてもトワイライトは豪華ですよねぇ、九州のブルトレもそれくらい豪華にすれば衰退しなくて済んだのになぁと思います。
梅吉にゃんこ。
2006年07月21日 23:59
にゃはは
やっぱ「天才を呼ぶ男」だわな(笑)

クルーと雪合戦
今度は是非、枕投げを♪( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

トワイライトってキレイだねぇ
写真で見る限り大正モダンって感じ。
梅吉にゃんこ。
2006年07月22日 00:01
↑ 間違えた!!
天才ではなく『天災』ねん。
きゃー
誤字ぃぃ。
天才は私だったわ!!(なんでやねん)
しお爺
2006年07月22日 14:53
>みいさん
26時間でも運転中止にならなかったダケ良かったかもしれんデス(^-^;
第一弾の北斗星は25時間乗って仙台で運転中止になっちゃったモノで…

九州夜行全盛のコロは全列車を制覇したモノですが,1993年3月改正で食堂車の営業が無くなってからは衰退の一途だったような気がするデス
下関『あさかぜ』,『瀬戸』,『出雲2,3』に入れられた10室タイプのA1は,ベッドがチルトするし布団が羽毛布団で好きだったんですケドねー(^-^;
しお爺
2006年07月22日 15:03
>梅吉にゃ。さん
そう,しお爺,天才ではなくて天災を呼ぶのダd( ̄▽ ̄;)
あ,長く乗っていたいからと言ってワザと呼んでいるワケではないゾ(v_v;)

枕投げ…って,1,2号車の全部の枕を集めても22個しかないゾ(^O^;

トワイライト・エクスプレスは既存の車両を改造して作っものだけど,新規に作ったカシオペアに比べると少しクラシックな造りにしているせいか女性に人気があるだヨd(^-^;
今は内装がリニューアルされちゃって,青色系のシートになってるケド,しお爺は以前の少しピンクがかった内装が好きだったナ…