しお爺の「透析わんこ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【骨折】骨折して手術してようやく歯のギプスが取れた

<<   作成日時 : 2017/05/29 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月4日にコンビニの駐車場で転倒して、上顎、下顎の多発性骨折で入院、12日に上顎にチタンプレートを3枚入れる手術を行って、歯にギプスをはめられてから40日あまり、本日やっとギプスが外れました。一般の患者であれば、2週間程度で取れるんだそうですが、透析患者のわっしの場合、相当に骨の状態が良くないらしく、3倍近い期間ギプスで固定される羽目になってしまいました。

2週間前までは、噛みあわせを戻すために上の歯と下の歯がワイヤで固定されていたので、ずっと流動食ばっかり。幸いと言うか何というか、歯も脱臼して折れてしまっていたので、歯がなくなった隙間からお粥程度はすすりこめたので、歯が全部揃っている状態に比べれば、まだ多少は固形物的なものも食べられたのは良かったかもしれません。それでも、足に水が溜まってパンパンになってしまうので、退院直後から、透析のドクターにどんどんドライウェイトが落とされて、最終的に4Kgマイナスとなって落ち着きました。さすがにここまで落とされると、体力が落ちてしまって、好きな犬の散歩もままなりません(^^;

歯のギプスが取れて、元の状態に戻るかなと思っていたら、上顎の手術のせいで、なんとなく上唇が引きつって短くなったような感じは取れませんでした。ギプスで固められているせいかと思っていたのですが、手術の影響だったようです。チタンプレートが残っているせいかもしれません。

口腔外科のドクター曰く、違和感があるようだったら、また全身麻酔をして手術をして取り除くこともできるのだそうですが、そのためにまた入院するのもな〜と言うことで、当分の間はそのままにしておくことにしました。上唇の違和感はなれるしかなさそうです。ストローで吸い込むときに、ちゃんと口が閉まらなくて、脇から空気が入って上手く吸えないのは困りもんですが(^^;

下顎の間接突起も折れているので、今はなかなか口が開けにくい状態です。だんだん開くようにはなるそうですが、完全に元にもどるとは限らないようです。噛みあわせも、元の状態ではなくて、骨折した状態で、噛みあわせの調整をして、その位置でギプスで固定していたので、違和感ありまくりです。それでも何とか固形物も食べられるようになったので、そのうちに慣れてくるのではと思っています。

歳を取ると転倒しやすくなって、さらに透析患者で骨がモロいときていますから、ひとコケした時の影響が甚大です。気を付けて歩いていますが、昨日も玄関の敷石に躓いて転びそうになったりして、気を付けないといかんな〜と思っている今日この頃です(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【骨折】骨折して手術してようやく歯のギプスが取れた しお爺の「透析わんこ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる