しお爺の「透析わんこ」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【骨折】胸椎が経過観察になったら今度は顎

<<   作成日時 : 2017/04/17 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年12月に自宅で転倒して、胸椎を圧迫骨折してから4か月、ようやく治療もひと段落して、これから手術を選択するか、あるいは腰の鈍痛と折り合っていくかを選択する時期になってきた時に、またまたやらかしてしまいました。

コンビニに買い物に行った帰りに駐車場の車止めに足を取られて、顎から転倒、そのまま救急搬送されて入院・手術となってしまいました。かなりがっつり顎からコケてしまったようで、下顎、上顎ともに複数個所(6か所ほど)骨折してしまいました。ぱっくり割れた顎はその日に縫い合わせて、あちこち切れた口の中もザクザク縫われました。

骨の手術は、入院して1週間ほどしてから、口の中の抜糸が済んだあとで全身麻酔で行って、上顎のみチタンプレートを3枚ばかり入れての固定となりました。安定するまではかみ合わせちゃいけないってんで、歯にコルセットを嵌められて固定され、口を開くことができなくなっています。さらにコルセットが唇を引っ張るので、唇を閉じることもできず、なかなかに滲めな状態で入院しております。おそらく、今週か来週の頭には退院となって、通院で治療していくことになるんだと思います。

おかげで、毎年幹事を勤めていたお花見にも入院中で行けず、毎年の大学OB会GW旅行も、1回目からの皆勤賞だったんですがこの口の状態では残念ながら参加できずと散々な状態になってしまいました。

透析を9年ほどやっていると、やはり骨はもろくなるらしく、上顎の手術の時も慎重にチタンプレートを固定していったそうです。インプラントを入れてもらいたくて、近所の歯医者さんに断られたので、大きな病院の口腔外科に長く通っていますが、なかなか骨の状態が良くならず、インプラントが入れられない状態が続いていたところにコレですから、いよいよ入れ歯を作らなくらはいけないかもしれません。口腔外科では入れ歯は作ってくれないので、こちらは近所の歯医者に行かなきゃならないと、なかなか不便です(^^;

余談ですが、鼻の下にあった髭も、手術のために30年ぶりくらいに剃られてしまいました(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【骨折】胸椎が経過観察になったら今度は顎 しお爺の「透析わんこ」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる